初心者向け動画の基礎知識!?映像制作のミニ知識を初めての人でも分かりやすくご紹介

このサイトでは初心者向けの動画の基礎知識をわかりやすく紹介していきますから、実際に仕事をするときに役立つかもしれません。
映像制作のミニ知識も楽しく紹介していくので、一緒に働いているような人達に披露すると尊敬されるかもしれないです。
最適な解像度を把握することの大切さについても解説していきますから、仕事をするときに注目しなければいけないポイントが理解できます。
また動画の種類別でフレームアウトが違うようなことも、丁寧に説明していきます。

初心者向け動画の基礎知識!?映像制作のミニ知識を初めての人でも分かりやすくご紹介

初心者向けの情報にはなりますが映像制作をすることで綺麗な動画を作り上げることができますが、初心者の場合は編集などの作業がよくわからないかもしれません。
基本的に撮影したデータを編集することで、綺麗な動画に仕上げることができますから、完成されている作品には映像制作の力が注がれていることを覚えておかないといけないです。
映像知識のミニ知識としては、そこまで難しいスキルが求められずに高報酬を受け取れるような特徴もありますから、仕事としての魅力もあることはミニ知識になるかもしれません。

画像サイズは映像制作で欠かせない基礎知識

映像制作を行っていく時に不可欠な知識として、画像サイズが挙げられます。
そもそも、映像制作はそれぞれのプラットフォームでアップロードする時にそのサイトが提供しているサイズに合わせたものを選択しなくてはいけません。
例えば、近年ではフルHDを中心として映像をアップロードできるプラットフォームが大半となっています。
画像サイズでは、1920×1080という形になりますが、こういった常識的な知識を理解しておかないと間違った方向性で映像制作を始めてしまうことになります。
実際に、映像制作を行う場合にはサイズを決めてから作っていくことが大半です。
これは大きさによって必要になるデバイスのスペックや制作ソフトがかなり異なってくるからです。
特にデバイスに関しては、サイズが大きくなればなるほどそれだけ求められるスペックも高くなりますので気をつけなくてはいけません。
近年では、4kや8kという非常に高品質の画像を求めてくるところもありますので注意が必要です。

映像制作で必要な専門用語のフレームレート(fps)とは?

映像制作では様々な専門用語が出てきますが、fpsと表記されるフレームレートも定番中の定番ではないでしょうか。
fpsとはフレームパーセコンドの頭文字で、日本語だと1秒間あたりのコマ数という意味です。
つまり例えば60fpsは1秒間を60コマで表しているということですし、絵1枚あたりの表示時間は約16.6秒ということになります。
別の言い方をすれば、1秒間に60回映像が更新されているとも表現できます。
ちなみに映画は伝統的に秒間24コマで、日本のアニメは8コマのリミテッドアニメーションとなっています。
映像制作ではこういったフレームレートの違いと、違いによる映像の差、感じ方についても理解することが必要です。
いわゆるパラパラ漫画を作ってみると分かりますが、枚数が多いと動きに滑らかさが感じられたり、絵と絵の繋がりがスムーズだと気がつくはずです。
枚数を減らすとカクカクとしたぎこちなさが出てきますが、映画やアニメに独特の雰囲気をもたらしている理由なので、必ずしも多ければ良くて、少ないのは駄目ということではないといえるのではないでしょうか。

映像制作で必要な専門用語の一つビットレートとは?

映像制作の世界には様々な専門用語が存在しますが、ビットレートとは1秒あたりのデータ量を示す数値で、単位はbps(bit per second)を使います。
1byteは8bitなので、例えば映像制作で1Mbpsの動画を制作した場合、そのデータ量は1秒あたり0.125MBということになります。
また、ビットレートは動画ファイル内の音声に関するものと、映像に関するものの2種類に分けることが可能です。
音声部分については、サンプリングレート×ビット深度で算出することができます。
サンプリングレートは、音声データを1秒にどの程度の間隔でデジタル化するのかを表す値、ビット深度は1サンプルあたりどの程度のデータを保存するのかを示しています。
映像部分については、解像度×RGBデータ量×フレームレートで算出可能です。
RGBデータ量とは、1画素に割り当てる色情報のデータ量を示す値で、数値が大きくなるほど細かな色彩を表現することができます。
フレームレートは、1秒あたり何フレームの画像で構成されているのかを示す値で、数値が大きくなるほど映像が滑らかになります。

コーデックも映像制作で欠かせない専門用語の一つ

映像制作では、動画編集や撮影テクニックのほかにも様々な知識が必要となります。
コーデックもその一つです。
コーデックは、簡単に説明すると、映像や音声などのデータをエンコードすることです。
適切にエンコードすることによって、様々な端末で視聴可能な映像に仕上げることができるのです。
映像制作の現場でよく用いられるのは、H.264です。
近年はH.265の形式にするケースも増えてきています。
MPEG-2やWMVなども昔から用いられている動画形式です。
映像制作について学ぼうと考えている方は、これらの動画形式のことも、きちんと理解を深めておく必要があります。
また、映像制作では、様々な動画ファイルだけでなく複数の音声ファイルも取り扱います。
そのため、音声についての知識も必須です。
よく利用されている音声形式はMP3やAACやWMAなどです。
音声形式によって音質に差が出ることもあるため、その点も理解しておかなくてはなりません。

映像制作に関する情報サイト
動画の基礎知識

このサイトでは初心者向けの動画の基礎知識をわかりやすく紹介していきますから、実際に仕事をするときに役立つかもしれません。映像制作のミニ知識も楽しく紹介していくので、一緒に働いているような人達に披露すると尊敬されるかもしれないです。最適な解像度を把握することの大切さについても解説していきますから、仕事をするときに注目しなければいけないポイントが理解できます。また動画の種類別でフレームアウトが違うようなことも、丁寧に説明していきます。

Search