初心者向け動画の基礎知識!?映像制作のミニ知識を初めての人でも分かりやすくご紹介

このサイトでは初心者向けの動画の基礎知識をわかりやすく紹介していきますから、実際に仕事をするときに役立つかもしれません。
映像制作のミニ知識も楽しく紹介していくので、一緒に働いているような人達に披露すると尊敬されるかもしれないです。
最適な解像度を把握することの大切さについても解説していきますから、仕事をするときに注目しなければいけないポイントが理解できます。
また動画の種類別でフレームアウトが違うようなことも、丁寧に説明していきます。

初心者向け動画の基礎知識!?映像制作のミニ知識を初めての人でも分かりやすくご紹介

初心者向けの情報にはなりますが映像制作をすることで綺麗な動画を作り上げることができますが、初心者の場合は編集などの作業がよくわからないかもしれません。
基本的に撮影したデータを編集することで、綺麗な動画に仕上げることができますから、完成されている作品には映像制作の力が注がれていることを覚えておかないといけないです。
映像知識のミニ知識としては、そこまで難しいスキルが求められずに高報酬を受け取れるような特徴もありますから、仕事としての魅力もあることはミニ知識になるかもしれません。

画像サイズは映像制作で欠かせない基礎知識

映像制作を行っていく時に不可欠な知識として、画像サイズが挙げられます。
そもそも、映像制作はそれぞれのプラットフォームでアップロードする時にそのサイトが提供しているサイズに合わせたものを選択しなくてはいけません。
例えば、近年ではフルHDを中心として映像をアップロードできるプラットフォームが大半となっています。
画像サイズでは、1920×1080という形になりますが、こういった常識的な知識を理解しておかないと間違った方向性で映像制作を始めてしまうことになります。
実際に、映像制作を行う場合にはサイズを決めてから作っていくことが大半です。
これは大きさによって必要になるデバイスのスペックや制作ソフトがかなり異なってくるからです。
特にデバイスに関しては、サイズが大きくなればなるほどそれだけ求められるスペックも高くなりますので気をつけなくてはいけません。
近年では、4kや8kという非常に高品質の画像を求めてくるところもありますので注意が必要です。

映像制作で必要な専門用語のフレームレート(fps)とは?

映像制作では様々な専門用語が出てきますが、fpsと表記されるフレームレートも定番中の定番ではないでしょうか。
fpsとはフレームパーセコンドの頭文字で、日本語だと1秒間あたりのコマ数という意味です。
つまり例えば60fpsは1秒間を60コマで表しているということですし、絵1枚あたりの表示時間は約16.6秒ということになります。
別の言い方をすれば、1秒間に60回映像が更新されているとも表現できます。
ちなみに映画は伝統的に秒間24コマで、日本のアニメは8コマのリミテッドアニメーションとなっています。
映像制作ではこういったフレームレートの違いと、違いによる映像の差、感じ方についても理解することが必要です。
いわゆるパラパラ漫画を作ってみると分かりますが、枚数が多いと動きに滑らかさが感じられたり、絵と絵の繋がりがスムーズだと気がつくはずです。
枚数を減らすとカクカクとしたぎこちなさが出てきますが、映画やアニメに独特の雰囲気をもたらしている理由なので、必ずしも多ければ良くて、少ないのは駄目ということではないといえるのではないでしょうか。

映像制作で必要な専門用語の一つビットレートとは?

映像制作の世界には様々な専門用語が存在しますが、ビットレートとは1秒あたりのデータ量を示す数値で、単位はbps(bit per second)を使います。
1byteは8bitなので、例えば映像制作で1Mbpsの動画を制作した場合、そのデータ量は1秒あたり0.125MBということになります。
また、ビットレートは動画ファイル内の音声に関するものと、映像に関するものの2種類に分けることが可能です。
音声部分については、サンプリングレート×ビット深度で算出することができます。
サンプリングレートは、音声データを1秒にどの程度の間隔でデジタル化するのかを表す値、ビット深度は1サンプルあたりどの程度のデータを保存するのかを示しています。
映像部分については、解像度×RGBデータ量×フレームレートで算出可能です。
RGBデータ量とは、1画素に割り当てる色情報のデータ量を示す値で、数値が大きくなるほど細かな色彩を表現することができます。
フレームレートは、1秒あたり何フレームの画像で構成されているのかを示す値で、数値が大きくなるほど映像が滑らかになります。

コーデックも映像制作で欠かせない専門用語の一つ

映像制作では、動画編集や撮影テクニックのほかにも様々な知識が必要となります。
コーデックもその一つです。
コーデックは、簡単に説明すると、映像や音声などのデータをエンコードすることです。
適切にエンコードすることによって、様々な端末で視聴可能な映像に仕上げることができるのです。
映像制作の現場でよく用いられるのは、H.264です。
近年はH.265の形式にするケースも増えてきています。
MPEG-2やWMVなども昔から用いられている動画形式です。
映像制作について学ぼうと考えている方は、これらの動画形式のことも、きちんと理解を深めておく必要があります。
また、映像制作では、様々な動画ファイルだけでなく複数の音声ファイルも取り扱います。
そのため、音声についての知識も必須です。
よく利用されている音声形式はMP3やAACやWMAなどです。
音声形式によって音質に差が出ることもあるため、その点も理解しておかなくてはなりません。

映像制作でフレームレートや解像度を上げるとファイル容量も大きくなる

映像制作の際は、内容だけでなくファイル容量にも注意を払うことが大切です。
ファイルの容量が大きいと、動画投稿サイトなどにアップロードする際に時間がかかってしまいます。
また、動画投稿サイトにはアップロードできるサイズに制限が設けられています。
どれだけ良質な映像を制作したとしても、アップロードできなければ意味がなくなってしまうので注意が必要です。
さらに、ファイルサイズが大きいとユーザーが快適に視聴できなくなるというデメリットもあります。
そのため、映像制作では適切なファイル容量に留めるように意識する必要がありますが、動画のファイルサイズはフレームレートや解像度などに左右されます。
フレームレートは、1秒あたりに含まれる画像の枚数のことです。
値が大きくなるほど、滑らかな映像になります。
解像度は、動画の縦横のピクセル数を表す数値で、値が大きくなるほど鮮明な映像になります。
フレームレートや解像度を下げるとファイルサイズは小さくなりますが、下げ過ぎると動画の品質も下がってしまうので注意が必要です。

三脚は手振れなどを防止する映像制作で欠かせない道具の一つ

三脚は手振れなどを防止する道具で、映像制作では欠かせないものの一つになります。
最近はスマートホンでの撮影がごく当たり前になり、デジタルカメラの価格も下がってきて、別にプロでなくても一般の人でも簡単に映像制作ができる時代になってきています。
そのため特に知らないとかカメラ本体だけで全てを済ませている人もいるのですが、手で持って撮影するのでは細かいブレが生じることが避けられません、静止画の場合でさえ、シャッタスピードによってはブレた画像になってしまうことがあるくらいですから、動画の場合はもっと気になります。
個人的な趣味の範囲内であればそれでも良いのかもしれませんが、商業的に用いる場合は当然として、広く一般向けに見てもらおうとする場合にはブレの多い映像では見るに堪えないということはよく起こります。
三脚があればこれを防ぐことができますので必須と言えるわけですが、持ち運びを考えておかないといけませんし、場所によっては使用禁止のところもあります。

映像制作はスマートフォンを使っても可能

これまで映像制作をする場合にはプロ向けの高度な機器が必要であると思われていましたが、近年ではスマートフォンのカメラ性能が飛躍的に向上し、本格的な映像制作が十分可能な時代となりました。
高精細な画質や豊富なフィルターやエフェクトをはじめ、複数のレンズを組み合わせて様々な演出が可能です。
つい数年前のデジタルビデオカメラのフラッグシップモデルを超えるような性能を持った機種も登場しています。
多くはシネマモードと呼ばれるような機能を備えており、映像制作を強く意識しています。
背景をぼかして被写体のみにピントを合わせて立体的に見せたり、ズームインもズームアウトも自由自在です。
近影にも比較的強く、様々なシーンをしっかりと撮影できます。
アプリを使用すれば編集を行うことが可能なだけではなく、動画配信サイトを利用して作品の公開までも1台で可能です。
欧米ではスマートフォンのみを使用して作られた映像が、本格的な商業映画として上映されたのも大きな話題となりました。

スマートフォンで撮影した動画は編集アプリで映像制作が可能になる

今はかなり高性能で画質の高いスマートフォンが多く販売されているため、高い値段で買った有名なブランドのカメラと全く変わらないような素晴らしい動画を撮影できると言われています。
また、最近はユーチューバーが人気の職種にランクインしているほど注目を集めていることもあり、スマートフォンで撮影した動画をアップして再生数を伸ばしている人もいるなど可能性は無限大です。
しかも、携帯で撮影した動画を編集アプリを使って編集したりすることができるため、かなり魅力的な映像制作ができる環境が整っているなど素晴らしい存在へと進化しているのでぜひ始めてみましょう。
ただし、個性を引き出してライバル達とは違った魅力を持った映像制作を行う必要があるので、無料の編集アプリを使用するのではなく、機能性が抜群でいろいろな編集が行えるCute CUT Proを購入することをおすすめします。
このアプリの魅力に関しては、初心者の方でも簡単に動画編集ができる分かりやすい機能が備わっていることです。

映像制作ではCPUやメモリなど十分なスペックを持つパソコンが必要

パソコンは様々なパーツで構成されていますが、映像制作における動画編集では特にCPUとメモリの性能が重要となります。
CPUは、PCの頭脳とも言える重要なパーツで、性能が高くなるほど高速で処理することが可能です。
スペックの目安としては、IntelのCore iシリーズであればCore i5以上、AMDのRyzenシリーズであればRyzen5以上のスペックは必要です。
映像制作におけるPCの動作速度は、CPUの性能に左右される部分が大きく、他のパーツがどれだけ高性能であってもCPUの性能が低ければ動作は重くなってしまうので注意しましょう。
メモリは、CPUが演算処理を行う際にデータを一時的に保存しておくためのパーツです。
動画編集する場合は最低でも8GBは必要で、本格的な映像制作をしたいのであれば16GB以上のメモリが求められます。
ただし、メモリは容量が大きければ動作が速くなるものではなく、求められる容量以上を搭載してもあまり意味がないので、目的に応じた容量を選ぶことが大切です。

映像制作に関する情報サイト
動画の基礎知識

このサイトでは初心者向けの動画の基礎知識をわかりやすく紹介していきますから、実際に仕事をするときに役立つかもしれません。映像制作のミニ知識も楽しく紹介していくので、一緒に働いているような人達に披露すると尊敬されるかもしれないです。最適な解像度を把握することの大切さについても解説していきますから、仕事をするときに注目しなければいけないポイントが理解できます。また動画の種類別でフレームアウトが違うようなことも、丁寧に説明していきます。

Search